アピストグラマ・アガシジー(アレンカー)
※写真は全て当店販売水槽内の個体を撮影。
( 2004年 5月 撮影 )
アガシジィ
オス
頭部から腹部にかけて、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレ下部がイエローに染まる
ワイルドタイプのオス
アガシジィ
メス
 アピストグラムマ・アガシジーはアマゾン川の上流から下流、その支流と、広い範囲で分布するグループで、採集される地域による色彩変異がありますが、このタイプはアマゾン川下流域のアレンカーに生息するタイプです。

 オスの体色や尾ビレなどの色彩は、個体による違いがかなり見られます。
 ブルーとイエローの色彩の具合が、個体により違います。
 また、親魚から生まれたF1個体が、必ずしも親魚と同一の色彩になるとは限りません。
 尾ビレのV字模様は個体によってブルーとイエローの色彩の入り方が異なるため、V字模様は個体によって違います。
 このアレンカー産の中で最も美しいとされるのは、下腹部、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレが、イエローの色彩に染まるタイプです。

 このアレンカー産と似たタイプにサンタレン産があります。
 両者とも生息場所が近いためか、個体による体色やヒレの色彩の違いなどのバリエーションがよく似ています。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。



INDEXへ 戻る   写真一覧へ 戻る