アピストグラマ・ビタエニアータ(ペルー)
※写真は全て当店販売水槽内の個体を撮影。
( 2005年 5月 撮影 )
アピストグラマ・ビタエニアータ
アピスト・ビタエニアータ
アピストグラマ・ビタエニアータ
美しい体色と美しい形状・色彩の各ヒレのあるペルー・プカルパ産のオス個体
オス同士の威嚇行動。
頬部は黄色味に輝青色の斑紋、そしてラテラル・バンド上方に淡青色の縦条と
上頭部から背ビレ周辺部の背中に赤褐色の体色がある。
背ビレ基部と伸長した棘部が黄色、各ヒレは青・赤・黄色の色彩に染まる。
ライヤーテールの尾ビレ中央部には、赤の斑紋が入る。
アピスト・ビタエニアータ
アピストグラマ・ビタエニアータ
オスの個体
アピスト・ビタエニアータ
アピストグラマ・ビタエニアータ
メスの個体
体色がやや黄色味を帯びたメス個体
 アマゾン川中流域のマナウス周辺から西の上流域に向かって、ペルーのアマゾン河川流域に広く分布するアピスト。
 細身の体型・美しい体色と、美しい形状・色彩のヒレから、人気のある種類です。
 本種はペルー産。

 ラテラル・バンド上方に淡青色の縦条があり、上頭部から背ビレ周辺部の背中が赤褐色、背ビレ基部は黄色を呈し、その上方がやや青・赤味がかります。
 雄は背ビレの棘条が伸長し、先端部は黄色を呈します。
 尾ビレはライヤーテールとなります。
 頬部は黄色味に輝青色の斑点の入る個体が多いです。

 体色や各ヒレの色彩・模様には地域差・個体差があり、ペルー産といっても採集地域や個体による違いがあります。

状態の良いペアを入手できれば繁殖も狙えますが、ブリードされた個体を成長過程で体型を崩さず美しい個体に仕上げるには、水質と各成長段階に応じた給餌などに気をつける必要があります。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。


《 別の個体 》


INDEXへ 戻る   写真一覧へ 戻る