ベタ・エニサエ
※写真は全て当店のブリード個体を撮影。
( 2005年 9月 撮影 )
ベタ・エニサエ
ベタ・エニサエ
鰓蓋や尾ビレ・尻ビレのエッジ、鱗1枚1枚の
メタリックブルーの色彩が美しい、ベタ・エニサエの若いオス個体
さらに状態良く成長し、ヒレを広げた時の本種のオス個体は、光の当たる
角度により一段と濃く美しいメタリックブルーの色彩を見せるようになる。
ベタ・エニサエ
若いメスの個体
ベタ・エニサエ
若魚のペア
 ボルネオ島インドネシア領カリマンタン西部のカプアス水系に分布する、全長8cmを超える中型の種類。

 本種のオスは鰓蓋や尾ビレ・尻ビレのエッジに美しいメタリックブルーが入るのが特徴です。

 オスの個体は成長して状態が良くなると、光の当たる角度により鰓蓋に美しいメタリックブルー、鱗1枚1枚にメタリックブルーの輝きを見せるようになります。
 また、上記と同様に光の当たる角度により、尾ビレ下部と尻ビレは基部に向かって、紺色、メタリックブルー、薄い褐色と変化する色彩を見せるようになります。
 また、背ビレと尾ビレには薄いメタリックブルーの斑紋、背ビレ上辺部にはメタリックブルーの色彩が入ります。

 本種は雌雄の力関係が安定し繁殖が近づくと、オスのメタリックブルーの色彩はより濃く一段と美しくなり、ヒレを広げるシーンも多くなるため見応えが増します。

 本種はマウスブリーダータイプで、良いペアを購入できれば繁殖も容易に狙うことができます。

 オス親の口から出てきた稚魚は、すぐにふ化したてのブラインシュリンプを摂餌し、成長スピードも速いです。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。


《 別の個体 》
写真一覧へ 戻る