ベタ・アルビマルギナータ
※写真は全て当店販売水槽内の個体を撮影。
( 2005年 9月 撮影 )
ベタ・アルビマルギナータ
赤茶色の体色と各ヒレの白いエッジとのコントラストが美しい、
ベタ・アルビマルギナータのオス個体
平らな上頭部には多くの黒色斑があり、体長に比べて目が大きいのも特徴。
ベタ・アルビマルギナータ
メスの個体
 ボルネオ島インドネシア領カリマンタン東部に分布する、体長3cm程度の小型の種類。

 本種の上頭部は平らで、薄茶色の色彩に多くの黒色斑があります。
 また、体長に比べて目が大きいのも特徴です。

 オスの色彩は赤茶色で、胸ビレ以外の各ヒレのエッジは白く縁取られ、基部に向かって黒色、赤茶色と変化します。
 このオスの赤茶色の体色と各ヒレの色彩は、状態が良くなるとより濃く渋みが増し、各ヒレの白いエッジとのコントラストがはっきりして、より美しくなります。

 本種はベタ・チャンノイデスとよく似ており、両種とも高い人気があります。
 また、両種は同じカリマンタン東部に分布しており、非常に近縁な種類として考えられているようです。

 本種はマウスブリーダータイプで、1水槽1ペアの飼育で十分繁殖を狙うこともできます。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。



写真一覧へ 戻る