ラスボラ・エスペイ
※写真は全て当店販売水槽内の個体を撮影。

ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が美しい赤橙色、同様に背ビレ・尾ビレも赤橙色に染まる、
最も状態の良いラスボラ・エスペイ。体側には細い斑紋が入る。
飼育密度の高い販売水槽内でも、適切な水質で状態良く
飼育された本種は、このように美しく魅力的になる。
これらは体高がやや高めの個体。
また水草レイアウト水槽内で状態良く飼い込んだ本種は、
体色がこのような個体、もしくはそれに近い個体が多くなる。
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が美しい赤橙色、同様に背ビレ・尾ビレも赤橙色に
染まる、最も状態の良いラスボラ・エスペイ。
これらは体高がやや低めの個体。
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が美しい橙色に染まる状態の良いラスボラ・エスペイ
これらは体高がやや高めの個体。
適切な水質と環境で飼い込んでいけば、さらに体色の赤みが増す。
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が美しい橙色に染まる状態の良いラスボラ・エスペイ
これらは体高がやや低めの個体。
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が黄橙色のラスボラ・エスペイ
これらは体高がやや高めの個体。
入荷直後、また高密度飼育された弱い個体は、このような体色の個体が多い。
ラスボラ・エスペイ ラスボラ・エスペイ
体色が黄橙色のラスボラ・エスペイ
これらは体高がやや低めの個体。
 タイ・マレーシア・インドネシアと広く分布する全長3.5cm程度の、ラスボラ・ヘテロモルファと並ぶラスボラの代表種。
 両種はよく似ていますが、本種の方が体高は低く、体色の色味も濃く、体側の斑紋が細い点で区別がつきます。

 入荷はコンスタントにあり、ショップでもよく見かける種類ですが、ラスボラ・ヘテロモルファと混同して販売しているケースもあるため、注意が必要です。
 また入荷直後の本種は、体色の赤みが薄くて調子を崩していることが多く、水質の良好な適切な環境でないと病気などで次々と死亡することもあります。
 一般的に安価な入門種として考えられがちですが、購入の際は、水質が良好で体色の赤みが出ているなど状態が良いかをチェックする必要があります。

 本種の体色の色味は状態により大きく左右され、最も状態の良い時は美しい赤橙色となり、背ビレ・尾ビレも同様に赤橙色に染まるようになります。

 入荷直後は、体色が黄橙色の個体が目立ちますが、販売水槽の飼育環境が良好であれば徐々に橙色、そして赤橙色と体色を濃くする個体が増えていきます。
 また色味の出方は個体によりかなりばらつきがあり、同一水槽内でも体色が赤橙色、橙色、黄橙色の個体が見られます。
 このような体色の違いが出るなどの強弱関係はあるのですが、体色の黄橙色もしくは橙色の個体も、他の強い個体が存在しない良好な環境で飼育すると体色が徐々に濃くなっていきます。

 また、体高の高さも個体や雌雄差による違いがあります。
 一般的にオス個体は体高が低く、メス個体は体高が高くなり、成長するにつれて体高は徐々に高くなる傾向にありますが、やはり個体差があります。

 これらの体色や体型の違いは雌雄差や個体差だけでなく、本種の分布域が広いため地域変異とする見方もあるようですが、詳細は不明な点が多いです。

 水草レイアウト水槽内で状態良く飼い込まれた本種は、体色が赤橙色もしくはそれに近い個体が多くなり、背ビレ・尾ビレも赤橙色に染まり、水草の緑を背景に非常に美しい魅力的な種類に見えます。

 ミクロソリウムは本種と同一産地であるためよくマッチし、本種は深緑色のミクロソリウムによく映え、また明るい緑色の有茎水草主体のレイアウトにもよく映えます。

 本種は性質が温和なので、他魚との混泳も可能です。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。


一覧へ 戻る