エイクフォルニア・パンタナル
※写真は当店の販売水槽より撮影

エイクフォルニア・パンタナル
細長いテープ状の明るめのグリーンの水中葉を展開する、
最も状態の良いエイクフォルニア・パンタナル
頂芽付近では密生した水中葉が、1枚1枚綺麗に開いている印象があり美しい。
その魅力的な草姿で、非常に人気の高い種類。
育成状況
状 態 完全水中葉
水槽サイズ 600×450×450(mm)
水 質 弱酸性
光 量 20W×2灯
底 床 大磯砂
添加物 CO2・肥料無添加
換水頻度 4〜6ヶ月に1回
水槽リセット回数 0回
経過日数 8年以上
 本種はミズアオイ科に属するパンタナル産のエイクフォルニア。

 本種は細長いテープ状の水中葉を互生させながら展開していきます。
 育成環境によりライトグリーンからグリーン、イエローグリーンと色彩を変化させますが、通常はライトグリーンからグリーンの範囲です。
 頂芽付近では葉が密生し、大きな葉が1枚1枚綺麗に開いている印象があります。
 そのライトグリーンからグリーンの色彩と魅力的な草姿で他の水草よりも目を引き、非常に人気の高い種類です。

 本種は成長して水面に近づくと丸い浮葉(水上葉)を付け、一度そうなると水中葉には戻りません。
 その場合は頂芽を切り取り、新たにトリミングし直す必要があります。
 また、水面に近づく前の早めのトリミングを心掛けます。
 頂芽を切り取られた株は、新たに水中葉の側芽を展開し始めます。

 また、他の産地のエイクフォルニアよりも高温に強い傾向があります。


 本種を状態良く育成する基本として、水質は弱酸性の軟水、底床は常に良好な状態に保つことは大切です。
 一般的に強めの光量、高いCO2濃度、多めの肥料分が必要とされていますが、水質、底床の状態、光量、CO2濃度、肥料分等のバランスがとれていれば、それ以上に蛍光灯の灯数を増やしたり、CO2・肥料の添加量を増やす必要はありません。

 また水槽内における、これら諸条件のバランスの崩れ、水質や底床の状態の悪化、底床への肥料・各種添加物の過剰な添加は、最終的に水槽環境の崩壊をもたらします。
 したがって水槽リセットというのは、水槽環境の崩壊による水草育成の失敗と考えられます。


 本種を育成するための良好な水質の維持、自在な水質コントロールをするためにも、水質安定(弱酸性・軟水にするということであっても)を謳ったろ材・底床・各種添加物の安易な使用はお勧めしません。

 ソイル系底床は、セット初期から短期間で本種を状態良く育成させることはできますが、長期に渡って本種を状態良く維持させることには不向きです。
 時間の経過とともに底床の状態が悪化し、本種の成長不良を引き起こす要因の一つとなります。

 また確かな理由を把握しないままの換水や、光量、CO2濃度を今まで以上に高める、肥料を追加する等だけでは限界があるのではないかと考えます。


 まずは、良好な水質・底床の状態とその維持が最も基本的なことになります。

 単に諸条件を高いレベルに引き上げるのではなく、適切な水質管理とバランスのとれた育成環境が本種の育成には重要となります。
より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。



写真一覧へ 戻る   水草リストへ 戻る