ミクロソリウム“ウィンデローブ”
※写真は当店の販売水槽より撮影

Photo
葉の先端が細かく枝分かれし、やや明るい深緑色をした水中葉を展開する、
ミクロソリウム“ウィンデローブ”
育成条件の幅が広いことから初心者にも導入しやすく、成長スピードが遅いためトリミングの手間も省ける。
育成状況
状 態完全水中葉
水槽サイズ600×450×360(mm)
水 質弱酸性
光 量20W×2灯
底 床大磯砂
添加物CO2・肥料無添加
換水頻度4〜6ヶ月に1回
経過日数5年以上
 水生シダの仲間で、ミクロソリウムの改良品種。
 本種は葉の先端が細かく枝分かれする、やや明るい深緑色をした水中葉を展開します。
 その細かく枝分かれした葉形が特徴的なことから、多くの人の目を引き、人気があります。

 葉を付けた根茎部を底床に植栽することもできますが、流木などに根茎部を縛ると、そこから根を出して流木などに活着します。
 根茎は底床中もしくは流木等に活着しつつ伸びていき、新葉を次々と展開していきます。
 また葉裏に胞子のうを付け、そこから生じた子株をある程度成長した時点で葉から剥し取り、株数を増やすこともできます。

 本種は通常のミクロソリウムのように葉があまり大きくはならず、前景用の水草としても適します。
 また流木等に活着させ、後景として用いることもできます。
 前景から後景まで本種のみで構成した水槽は、細かく枝分かれした葉形がとても際立ち、美しく魅力的なレイアウトになります。

 高水温には弱く、そのような場合、葉が透明の薄茶色になり溶けていきます。
 この症状は、葉の触れ合った箇所から次々と移っていくので、直ちにこの症状の葉を切り取り、できれば水温を低くする必要があります。
 また、密植状態になっていた場合は、低密度になるようにトリミングする必要があります。

 本種は育成条件の幅が広く、あらゆる育成環境に適応します。
 このことから、熱帯魚飼育・水草育成初心者の方にも導入しやすい水草です。
 また成長スピードが緩やかなので、トリミングが面倒な方にも向きます。

 一般的に水草の多くは弱酸性の水質が適していますが、本種は、中性付近でも比較的容易に育成できることから、卵胎生メダカ(グッピー等)の飼育水槽に用いる水草としても適します。



※写真は当店のレイアウト水槽より撮影
Photo
先端が細かく枝分かれする葉形は、非常に魅力的で美しい。
育成状況
状 態完全水中葉
水槽サイズ300×300×300(mm)
水 質弱酸性
光 量8W×2灯
底 床大磯砂
添加物CO2・肥料無添加
換水頻度4〜6ヶ月に1回
経過日数3年以上



より多くの写真をご覧になりたい方は
ここをクリックしてください。

※サイズの大きい画像が多いため、
表示までに時間がかかります。



写真一覧へ 戻る   水草リストへ 戻る